カジノカフェの摘発

カジノカフェで摘発されることは、違法とされていることをしていると判断できる状況を生み出していると思われるのですが、とにかく問題とされているのは営業している実態です。カジノカフェはオンラインカジノを経由しているとしても、闇カジノと同じように営業していることが多いので、このような営業している状況から摘発できると判断されています。

店として何かしているなら逮捕できる

営業してれば逮捕

個人で行っていて、お金のやり取りを自宅で行っているような状況であれば、それは逮捕されるかどうか微妙なところでもあります。これは個人的にオンラインカジノを利用していることになり、逮捕されることが難しいからです。調査をすることも大変になっているので、解析などでオンラインカジノを使っていることがわかっているなどの情報がないと逮捕しづらいです。
しかし店で行っているカジノカフェの場合は、営業していることがわかっていることや、明らかに逮捕できるようなお金のやり取りが見えてきます。その日のうちに決済をすることがカジノカフェには必要な条件となっていて、貰ってから出ていることも調査の上で分かってしまえば逮捕できるのです。

隠れてもライトや移動で判断できる

隠れててもいずれ見つかる

最初は気づかれないので警察の調査もわからないのですが、後から変に出入りをしているなどの情報が入るようになり、調査されることになります。カジノカフェの場合は、本当にわからないようにして、光などを極力出さないようにしているのですが、それでも漏れてくるものが何処かにあり、調査をしているうちに何か行われていることは判断できるのです。
その上で何をしているのかを調べることで、カジノカフェを摘発できると判断できます。普通に出入りしている場合でも、何らかの登録が行われているならそれは関係ないと思えるのですが、大体のケースは登録していないことが多いので、これで違法なことをしていると判断して突入することができます。

後は現場の状況次第で逮捕へ

状況次第で逮捕

警察は現行犯で逮捕することが大半で、カジノカフェについては状況を見ないと逮捕できないのです。隠してもパソコンの画面以外の情報を見られるようになると、カジノカフェであると判断することができて逮捕できます。
摘発されるかどうかは、最終的に画面などの情報を見て判断されることになりますが、警察は隠してもすぐに分かってしまうことが多いので、結果的に逮捕されてしまうことはかなり多く、非常に厳しい状況になります。