オンラインカジノの配当は上限なし

ギャンブルでは配当金は上限をつけることが多くなっています。競馬などは最高配当を決めていることが多いので、その配当金を超えてしまうような倍率を設定することはほぼありません。またサッカーくじなどの方法も、配当の上限が設定されています。ところがオンラインカジノにはそうした情報がありませんので、配当の上限は全く考える必要がありません。

日本で行われているギャンブルの配当上限は

日本のギャンブルは上限有

日本で提供されているギャンブルについては、配当上限を設けているものが多数あります。競馬で行われているWIN5については、配当金の上限が付けられているタイプで、超えてしまった場合は残りをキャリーオーバーに回すことになります。これは上限を設定していないと、賭け金がそれ以上になった場合に利益が出てこない問題があるからです。ただキャリーオーバー自体も最近起きていませんし、キャリーが発生した翌週は堅い決着になるので、あまり気にしなくてもいいと言われています。
次にサッカーくじですが、最高配当は一時10億円まで設定されることになりますが、基本的には6億円で固定されています。殆ど当たらないのでギャンブルとしても狙いづらいところですが、10億円の場合は的中するユーザーが多くいたこともあります。定期的に行われている10億円のキャンペーンは、通常よりも多くのユーザーが購入するので結構的中率が上昇することもあります。
ロトについても最近になって上限が上昇するなど、配当金の上限については若干高くなる傾向にあります。この上昇によって、大きな的中が期待できる状態を持つことができます。

オンラインカジノは最初から上限なし

オンラインカジノは上限なし

一方でオンラインカジノについては、最初から上限をつけることはありません。その上限が付けられていないことで、あまり気にすることがなく、大きな的中をしても勝手にカットされるようなこともありません。むしろカットされる可能性がないことで、的中した金額が全て得られると判断できます。特にジャックポットについてですが、上限は一切なく億単位の支払いも当然行われています。
上限を決めてしまうと、ジャックポットゲームは結局利用してもらえません。高い配当金を受け取れないことや、他のゲームのほうが儲かる可能性がある、他のギャンブルだとそれ以上が狙えるなどの要素があるからです。結果的に上限を決めないようにして、更に利用してもらえるように調整しているのがオンラインカジノなのです。