月別アーカイブ: 2018年5月

勝ちやすさには自信がある

勝ちやすいギャンブルで勝つ為に

勝ちやすいギャンブルで勝つ為に

オンラインカジノは勝ちやすく稼ぎやすいギャンブルとして日々世界中のプレイヤーがプレイしています。
もちろんそうしたプレイヤーの中には日本人も多くいます。
日本ではカジノは禁止されていますが、オンラインカジノの場合は賭博罪にあたらないため、パチンコ、パチスロのように日本国内にいてもお金を賭けて楽しむことが出来ます。

オンラインカジノの勝ちやすさ

オンラインカジノをやってみる上で、勝ちやすいのかどうかという点は大変気になるものです。
オンラインカジノのペイアウト率は97%以上と、他のギャンブルと比較してもペイアウト率の高さには定評があります

オンラインカジノは、店舗を持たないので、それだけ人件費もかからず、豪華な設備も必要がありません。つまりそれだけ、高いペイアウト率を達成することが出来るのです。

実際日本で販売されている宝くじの場合40%前後のペイアウト率となっているので、宝くじを買うよりも断然オンラインカジノの方が配当を得やすくなります。
それは宝くじだけに留まらず、パチンコや競馬などの場合も同じです。パチンコで80%程度、競馬で70%程度となっているので、ギャンブルと名の付くものの中でもオンラインカジノがどれだけ勝ちやすいかがわかるでしょう。

ハウスエッジが低いオンラインカジノ

オンラインカジノは、さらにハウスエッジも低く設定されています。
オンラインカジノは、控除率と呼ばれる、胴元の儲け分が少なく設定されています。このハウスエッジが、3~5%となっています。
パチンコのハウスエッジは、10~15%となっていますので、オンラインカジノは控除率が低くなっています。

しかし、こちらの控除率は、ゲームの種類にもよりますし、マイナスになることはありません。
しかし、パチンコの場合、時には、マイナスになり、客側に有利になることがあります。この部分で違いがあります。

手軽な金額から始められる

手軽な金額から始められる

ですが、カジノというと賭け金が大きいという印象もあるでしょう。
オンラインカジノはカジノと名が付いていても1円程度からゲームをプレイすることが出来ます。
スロットマシーンは1セントからテーブルゲームですと1ドルからベット出来るので、手持ちの資金が千円しかなくてもゲームを行うことが出来ます。
そのためギャンブルに触れた経験がほとんどない方でも不安を感じることなくギャンブルの良さを体感することが出来ます。

オンラインカジノで大儲けできる理由

オンラインカジノで大儲けできる理由

そしてオンラインカジノはただ勝ちやすいだけではありません。
オンラインカジノにはジャックポットと呼ばれる大当たりがあります。
このジャックポットこそがオンラインカジノの魅力だというプレイヤーも多くいます。

ジャックポットは基本的にスロットゲームに搭載されているシステムで、ジャックポットを引くと積み立てられてきた配当金の一部が一度に放出されます。
その金額は大きいものとなるとなんと数十億円にもなります。
過去には日本人プレイヤーが数億円のジャックポットを引いた例があります。

ジャックポットの金額もオンラインカジノによりそれぞれで、数十万円、数百万円程度のものもあります。
金額が少なくなればそれだけジャックポットも引きやすくなるので、数十万円、数百万円程度のジャックポットは頻繁に引き当てられています。
このジャックポットはオンラインカジノ側が設定した条件により発動するので、経験の有り無しに関係なく誰にでも平等にチャンスが巡ってきます。

このようにオンラインカジノには一発逆転の大チャンスを引けるチャンスもありますので、ギャンブルで大きく勝ちたいと思っている方にも打って付けのギャンブルです。

オンラインカジノの気になるキャッシュフロー

パチンコやスロットと比較すると、オンラインカジノは、キャッシュフローが非常に遅くなっています。

パチンコの場合、景品を交換所へと持って行くだけで即現金化をすることが出来ます。
しかし、オンラインカジノの場合、出金申請をしてから、実際に振り込まれるまでにワンクッションかかることがほとんどで、その手続きなどもパチンコと比較するとかなり面倒になります。
また、トラブルの際には、サポートに英語で問い合わせなければならず、それも非常に面倒です。

せっかくボーナスがあったとしても、入金されるまでプレイが出来ないオンラインカジノもあり、ストレスが溜まることもあります。

最近では、手間がかからなくなった

最近では、オンラインカジノで、入出金手段である、電子決済サービスが利用できるようになりましたが、それでもパチンコなどと比較すると手間がかかります。
つまり、他のギャンブルと比較すると手数料やキャッシュフローも含めると、まだまだな部分があります。

これらのデメリットをまずは知っておかなければ、たとえ始めたとしても、払い戻しの現金化にストレスを感じてしまったりすることになるのです。