月別アーカイブ: 2018年8月

形態で異なるオンラインカジノの違法性

合法なギャンブルではないけれど賭博罪に触れる部分もない

オンラインカジノは違法なのか、合法なのか、そのどちらか二択で絶対に選ばないといけないとなった場合、オンラインカジノの利用は違法と言わざるをえません。
その理由は合法なギャンブルではないからです。

日本で合法となっているギャンブルは競馬、競艇、競輪、オートレースの4つだけです。その他のギャンブルは全て違法ギャンブルとして一括りにされてしまいます。
究極の二択で言えばオンラインカジノは違法ですが、だからといって利用しただけで逮捕されることはありません。
よく考えてみて下さい。パチンコやパチスロも合法ギャンブルに含まれていませんが、逮捕者が出たことはありません。
何故ならば違法なギャンブルに対して取締りを行う賭博罪に触れないように運営されているからです。

オンラインカジノもパチンコやパチスロの場合とよく似ています。賭博罪に触れる部分がないため、利用したからといっても、賭博罪として裁かれることがありません。
賭博罪は開帳者に重点を置いたものであり、賭博罪として裁くには利用する側だけでなく、場を提供する開帳者も同時にその場に存在していなければなりません。
利用者だけを逮捕しても賭博罪としては成立しないのが現状です。

オンラインカジノは開帳者は海外にあり、開帳場所も海外のサーバーです。これはカジノが合法な国に海外旅行に行き、カジノゲームを楽しむことと同じです。
こうして違法なギャンブルを取り締まる賭博罪に触れる部分がないため、利用したからといって逮捕されるようなことはありません

日本にサーバーが置かれている場合は完全に違法となるので注意

オンラインカジノは賭博罪に触れないから大丈夫と、軽い気持ちでプレイするのは止めましょう。
インターネットを利用したサービスは顔が見えないため、不正目的で開かれているオンラインカジノも少なくはありません。
そして、その中には日本にサーバーを置く悪質なオンラインカジノも存在します。

日本にサーバーが置かれているということは、開帳者と利用者が同時に存在することとなり賭博罪として裁かれます。
数百円程度の少額でも賭けてしまったらその時点で賭博罪に触れますし、もちろんですが、日本にサーバーがあるとは知らなかったとしても罪から逃れることは出来ません。

正式なオンラインカジノは必ずサイトのトップページ上にどこの国のどんな会社がどのような国のライセンスを受けて運営しているかが表示されています。
運営元が表示されていないオンラインカジノは、その時点で悪質なオンラインカジノと判断してもよいでしょう。
特に運営元が表示されていなく、サイトが日本語で構成されている場合は、日本にサーバーを置く悪質なオンラインカジノである可能性が高いので、プレイすることは当たり前ですが、ちょっと覗く程度のことも止めておきましょう。

オンラインカジノに罪はない

カジノカフェの摘発は2006年がピークでしたが、それでもまだ現在もカジノカフェ摘発のニュースを耳にします。
カジノカフェの摘発が相次ぐにつれ、オンラインカジノ自体が違法なサービスと考えられるようになっていきました。
摘発された違法ギャンブルに使われていたカジノゲームですから、そう考えられても不思議ではありません。

オンラインカジノははっきりと安全なサービスとは言い切れませんが、違法なギャンブルではありません。
なぜ違法ではないと言えるのかというと、上でも述べた通り賭博法の条件に当てはまらないからです。
賭博法が働くにはいくつかの条件が必要となります。その条件の一つが、胴元と賭ける側が同じ場についているというものです。

オンラインカジノは賭ける側は日本国内にいても胴元であるカジノ会社は海外にありますので、この条件にあてはまりません。
そして、賭博罪は基本胴元を取り締まるための法律です。ところが、オンラインカジノは海外の政府から認可を受け運営している健全なサービスなので、どの角度から見ても取り締まることなどできません。
オンラインカジノは国に合法ギャンブルとは認められてはいないものの、違法ギャンブルを取り締まる賭博法に触れる部分はまったくないため、摘発が続くカジノカフェで利用されていたからといっても、オンラインカジノに罪があるというわけではありません。

カジノカフェが摘発される問題の部分

オンラインカジノは違法ではないのに、カジノカフェが摘発される理由はどこにあるのでしょうか。
違法性のないギャンブルであるオンラインカジノを用いているのに、なぜ摘発されるのかというと、それはカジノカフェが胴元になっているからです。

カジノカフェが胴元になるということは、国内で賭博行為を行ったことになり賭博罪が着せられます。
なぜカジノカフェが胴元になるのかいうと、カジノカフェ店内で現金のやりとりが行われるからです。
カジノカフェの客は店側からオンラインカジノで利用するための資金を1ポイント単位で購入し、利益が出た場合もそのポイント単位で現金が支払われます。
これはつまり、使用しているのはオンラインカジノでも、カジノカフェ側が賭場を開帳し、客にお金を賭けさせたことになります。

過去には巨額な利益を得ていた有名カジノカフェに対し、1億円を超える追徴金が発生した事件もあります。
その場にちょうど居合わせた客に対しても、お金を賭けていたことが発覚した場合、単純賭博罪または常習賭博罪となり、常習賭博罪となった場合には懲役もありえます。
オンラインカジノが好きでも、カジノカフェで利用した場合罪となりますので、オンラインカジノは個人での楽しみとして利用しましょう。