月別アーカイブ: 2019年8月

サシの勝負が楽しめるブラックジャック

オンラインカジノのブラックジャックとは?

オンラインカジノのブラック・ジャックは、オンラインカジノのゲーム類の中でも最も人気があると言われています。
テーブルゲームの一つであり、海外ではブラック・ジャックのテーブルは常に満席となっていることも多いです。

なぜそれほどまで人気なのかと言うと、その理由はカジノゲーム屈指の低ハウスエッジだからです。
他のゲームはほとんどの場合運次第になっていて、運が悪ければ負けてしまうことがあります。
しかし、ブラック・ジャックは技術やスキルが入り込む余地がありますので、非常に勝ちやすいゲームです。
上手い人と下手な人で差が分かれますので、技術を磨くことで安定して勝ちを狙えるゲームとなっています。

実際にオンラインカジノでは、ブラック・ジャックのプロフェッショナルなプレイヤーも存在しているほどに攻略要素が高く、安定して勝ちにいきたいならおすすめのゲームです。

そこでブラック・ジャックの特徴とその魅力について具体的にみていきましょう。

ブラック・ジャックの基本ルールと遊び方

ブラック・ジャック(Blackjack)はトランプを使ったゲームの一種です。
配られたカードの合計値について、自分とディーラーのどちらが21に近くなるかを競いあい、予測してベットするゲームとなっています。
特にカードの合計値が21ぴったりになった場合には、「ブラックジャック」と言います。

他のゲームとは違い、ディーラーと1対1で対決する構図のタイマン勝負が特徴となっています。
ブラックジャックは特にタイマンで熱い勝負を楽しみたい方に向いているゲームであり、更にはプレイヤーのスキルが特に問われやすいゲームなのでやりごたえがあり、うまくなればそれだけ成果を上げやすくなっています。

ゲームの流れとしては、まず最初にプレイヤーとディーラーの両方に2枚ずつカードが配られることになります。
その後は必要に応じて、カードを引くかどうかを決定していきます。
たとえば「ヒット」はもう一枚、そして「スタンド」は止め、倍賭けしてもう一枚引くという「ダブル」やスプリットといってカードを分けるという方法を駆使しながら、21に近い数字を作っていくことになります。

しかし、合計値が21を超えてしまうとバーストとなり、自動的に負けが決定してしまいます。
その為、21を超えないように気を付けながらより近い数字を作ったほうが勝ちとなります。

また、ブラック・ジャックの特徴として、プレイヤーにはさまざまな選択肢がありますが、ディーラーには一切の選択肢がありません。
ディーラーのカードは一定のルールがありますので、それに沿って配られることになります。
これらの点で、バカラとは大きく異なっています。

ブラック・ジャックのカードの数え方

オンラインカジノのブラック・ジャックのカードの数え方ですが、エースについては1もしくは11と数えることになります。
そして2~9の数字カードはそのままの数字で数えます。
10とその他の絵柄のカードについては、全てテンカードといって10として数えることになります。

ブラック・ジャックの基本的な流れについて

オンラインカジノのゲームの基本的な流れを知っておきましょう。

まずはプレイヤーが賭けたい金額をベットしします。
カードの配り方は、プレイヤー側は2枚ともカードがオープンされている状態で、ディーラーの方は、カードが1枚伏せられている状態になっています。
プレイヤーはディーラーのこの伏せられたカードを予測して、スタンド、そしてヒット、ダブルなどアクションを決めることになります。

この結果、21を超えてしまった場合には、プレイヤーは負けとなってしまいます。
超えなかった場合には、ディーラーのカードがオープンされることになり、一定のルールに従って、続いてカード配られていくことになります。
プレイヤーはカードを引くか引かないかを決定することが出来るのですが、ディーラーには決定権がなく、カードが17を超えるまではカードが配られることになります。
つまり、ディーラーは17~21もしくはバーストというカードになるということが決定しています。

ブラック・ジャックのカードのアクション

先程の「ヒット」、「スタンド」、「ダブル」などはもちろんですが、その他にもいくつかアクションがあります。

最初に配られた2枚のカードが同じならそれを2つに分ける「スプリット」、また降参をすることができる「サレンダー」もあれば、インシュアランスといって、ディーラーのカードがエースだった時に、保険としてベット額の半分を差し出すアクションもあります。
インシュランスを選択した場合、ブラック・ジャックだった場合には、ベット金額とインシュアランスの金額が返ってきますが、そうでなければ没収されることになります。

ブラック・ジャックはこのように、さまざまなアクションがありますが、10が最も出やすいということを考慮してアクションを起こすことがコツです。