desjeuxdecasinog のすべての投稿

サシの勝負が楽しめるブラックジャック

オンラインカジノのブラックジャックとは?

オンラインカジノのブラック・ジャックは、オンラインカジノのゲーム類の中でも最も人気があると言われています。
テーブルゲームの一つであり、海外ではブラック・ジャックのテーブルは常に満席となっていることも多いです。

なぜそれほどまで人気なのかと言うと、その理由はカジノゲーム屈指の低ハウスエッジだからです。
他のゲームはほとんどの場合運次第になっていて、運が悪ければ負けてしまうことがあります。
しかし、ブラック・ジャックは技術やスキルが入り込む余地がありますので、非常に勝ちやすいゲームです。
上手い人と下手な人で差が分かれますので、技術を磨くことで安定して勝ちを狙えるゲームとなっています。

実際にオンラインカジノでは、ブラック・ジャックのプロフェッショナルなプレイヤーも存在しているほどに攻略要素が高く、安定して勝ちにいきたいならおすすめのゲームです。

そこでブラック・ジャックの特徴とその魅力について具体的にみていきましょう。

ブラック・ジャックの基本ルールと遊び方

ブラック・ジャック(Blackjack)はトランプを使ったゲームの一種です。
配られたカードの合計値について、自分とディーラーのどちらが21に近くなるかを競いあい、予測してベットするゲームとなっています。
特にカードの合計値が21ぴったりになった場合には、「ブラックジャック」と言います。

他のゲームとは違い、ディーラーと1対1で対決する構図のタイマン勝負が特徴となっています。
ブラックジャックは特にタイマンで熱い勝負を楽しみたい方に向いているゲームであり、更にはプレイヤーのスキルが特に問われやすいゲームなのでやりごたえがあり、うまくなればそれだけ成果を上げやすくなっています。

ゲームの流れとしては、まず最初にプレイヤーとディーラーの両方に2枚ずつカードが配られることになります。
その後は必要に応じて、カードを引くかどうかを決定していきます。
たとえば「ヒット」はもう一枚、そして「スタンド」は止め、倍賭けしてもう一枚引くという「ダブル」やスプリットといってカードを分けるという方法を駆使しながら、21に近い数字を作っていくことになります。

しかし、合計値が21を超えてしまうとバーストとなり、自動的に負けが決定してしまいます。
その為、21を超えないように気を付けながらより近い数字を作ったほうが勝ちとなります。

また、ブラック・ジャックの特徴として、プレイヤーにはさまざまな選択肢がありますが、ディーラーには一切の選択肢がありません。
ディーラーのカードは一定のルールがありますので、それに沿って配られることになります。
これらの点で、バカラとは大きく異なっています。

ブラック・ジャックのカードの数え方

オンラインカジノのブラック・ジャックのカードの数え方ですが、エースについては1もしくは11と数えることになります。
そして2~9の数字カードはそのままの数字で数えます。
10とその他の絵柄のカードについては、全てテンカードといって10として数えることになります。

ブラック・ジャックの基本的な流れについて

オンラインカジノのゲームの基本的な流れを知っておきましょう。

まずはプレイヤーが賭けたい金額をベットしします。
カードの配り方は、プレイヤー側は2枚ともカードがオープンされている状態で、ディーラーの方は、カードが1枚伏せられている状態になっています。
プレイヤーはディーラーのこの伏せられたカードを予測して、スタンド、そしてヒット、ダブルなどアクションを決めることになります。

この結果、21を超えてしまった場合には、プレイヤーは負けとなってしまいます。
超えなかった場合には、ディーラーのカードがオープンされることになり、一定のルールに従って、続いてカード配られていくことになります。
プレイヤーはカードを引くか引かないかを決定することが出来るのですが、ディーラーには決定権がなく、カードが17を超えるまではカードが配られることになります。
つまり、ディーラーは17~21もしくはバーストというカードになるということが決定しています。

ブラック・ジャックのカードのアクション

先程の「ヒット」、「スタンド」、「ダブル」などはもちろんですが、その他にもいくつかアクションがあります。

最初に配られた2枚のカードが同じならそれを2つに分ける「スプリット」、また降参をすることができる「サレンダー」もあれば、インシュアランスといって、ディーラーのカードがエースだった時に、保険としてベット額の半分を差し出すアクションもあります。
インシュランスを選択した場合、ブラック・ジャックだった場合には、ベット金額とインシュアランスの金額が返ってきますが、そうでなければ没収されることになります。

ブラック・ジャックはこのように、さまざまなアクションがありますが、10が最も出やすいということを考慮してアクションを起こすことがコツです。

オンラインカジノが安全であることの裏付け

オンラインカジノとはどのようなもの?

オンラインカジノとはどのようなもの?

日本で遊ぶことが出来るオンラインカジノは、全世界でも人気となっているオンライン上で遊べるインターネットカジノです。
本場のカジノと同じ体験ができて、ルーレットやスロットなど、カジノならではのゲームで楽しむことができます。

オンラインカジノは、日本の公営ギャンブルとは異なり、海外の業者が運営をしていて、そしてインターネット上で24時間遊べるなど、いくつかの違いがあるのです。
そこで、オンラインカジノとその他のギャンブルと具体的にどのような部分で違いがあるのかその違いについて具体的に見ていきましょう。

オンラインカジノとライセンス制度とは?

オンラインカジノは、日本の公営ギャンブルと比較しても、怪しい…だとかイカサマなのではないかというイメージがあります。
たしかにオンラインカジノには、悪徳なサイトもいくつかあり、こういったサイトに登録をしてしまえば、出金ができなかったりということもあるようです。

しかし、大手のオンラインカジノサイトではこういったことは一切なく、公平性と安全性が確立されています。
これはなぜかというと、オンラインカジノサイトを運営するためには、実は厳しい審査をクリアし国からライセンスを取得しなければ、運営することが出来ないと決められています。

オンラインカジノは、合法とされている国からのライセンスが発行されていて、これがサイト上に記載されています。
また、第三者機関においてその公平性や安全性についても、監査されています。
このような公平性の高いオンラインカジノでは第三者機関から監査をされているため、自分たちでプログラムを勝手に動かしたり、イカサマををすることができません。

オンラインカジノは、このようにライセンスが義務付けられており、そして第三者機関による監査なども入っているという点で、日本の公営ギャンブルとは異なっています。
政府や国によって安全性が高いか公正であるかどうかが審査されていますので、オンラインカジノはしっかりとした安全性を保つための仕組みがあるのです。

オンラインカジノの自由度の高さ

オンラインカジノの自由度の高さ

オンラインカジノは、インターネット上で楽しめるギャンブルということもあり、非常に自由度が高いのが特徴です。
たとえば、24時間365日遊べるのはもちろんですが、インターネット環境さえあれば自宅でパソコンで遊べますし、その他にもスマートフォンそしてタブレット端末でも遊ぶことができます。
いつでもリラックスしながら遊ぶことができて、パチンコのように店舗まで出向く必要がありませんし、台を取る必要がありません。

また、競馬などのレースゲームなどでは開催日にしか楽しむことができないのですが、オンラインカジノはいつでも楽しめますので、自分の暇な時にチャレンジできるのが魅力です。
忙しい現代人は、なかなかギャンブルをするために、その場所に出向くことができなかったり、疲れているとそういったことができないことも多いのですが、オンラインカジノは自由度が高く、とても手軽に遊ぶことができます。
インターネット上で手軽に楽しめて、そして多くのゲームが気軽に楽しめるという点で大きな違いがあります。

ペイアウト率の高いオンラインカジノ

オンラインカジノは、その他のギャンブルと比較しても圧倒的にペイアウト率が高くなっています。
オンラインカジノのペイアウト率については約97%以上になっています。
また多くのマネーシステムなどの攻略法を使うことができて、手堅く安定して勝つことができているプレイヤーも存在するほどです。

日本の公営ギャンブルではパチンコだったり、競馬などが人気ですが、これらのペイアウト率は75~85%程度となっています。
そして、宝くじやロトについては45%程度です。
オンラインカジノは他のギャンブルと比較しても圧倒的にペイアウト率が高くなっています。

この理由にはいくつかの理由がありますが、オンラインカジノは店舗を持っていないギャンブルということもあり、テナント料や場所代がかからないという特徴を持っています。
そして、人件費もかからず、最低限の負担で済むのです。
このため、多くの金額をプレイヤーへと還元することができます。

こういった特徴があるのはオンラインカジノだけになりますので、貴重な存在と言えるでしょう。

オンラインカジノの賞金額の大きさ

オンラインカジノの賞金額の大きさ

オンラインカジノは非常に賞金額が大きいことでも知られています。
プログレッシブジャックポットシステムなどが導入されているスロットは、1ドルからの賭け金で、数億円程度の金額が当たることもあります。
実際に、ヨーロッパのプレイヤーで日本円にして、4億円を当てたというプレイヤーも紹介されているほどです。
パチンコではこのような金額を稼ぐことは難しいですので、オンラインカジノの賞金額がとても大きいことが比較すると分かります。

境界線が分かりにくい違法性について

オンラインカジノは合法なのか

オンラインカジノは合法なのか

オンラインカジノを始める前に、オンラインカジノが合法なのかどうかという点は知っておく必要があります。
オンラインカジノが違法なのかもしれないと二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、オンラインカジノは違法でもなければ合法でもありません。
グレーゾーン的な存在であり、オンラインカジノは法律的にも曖昧な存在なのです。

オンラインカジノは違法と断じられているわけではありませんので、隠れてこっそりプレイをする必要はなく、自宅でプレイをするには問題はないと考えられています。
そこで、オンラインカジノの法律的なことについて詳しく見ていきましょう。

オンラインカジノの法律というものは存在しない

日本でオンラインカジノは違法と思われがちなのですが、そもそもオンラインカジノそのものを規制する法律は存在しません
日本の法律には、オンラインカジノに関することが明記されている法律がありませんし、法律でも整備されていない存在です。
インターネットが普及しだしたのは最近のことですので、これに対して、現在法律は追いついていないという状態なのです。

オンラインカジノについての法律がないということもあり、違法ではないという考え方もあれば、違法性が明記されていないとはいえ認められていないので、合法ではないという意見もあります。
専門家の間でも、常に議論されているのですが、未だにグレーゾーンのままとなっています。

オンラインカジノと賭博罪について

オンラインカジノは、具体的に法律に明記されていないのですが、賭博罪になってしまうのではないかと疑問を持つ人もいます。
しかし、オンラインカジノは海外の業者が運営をしており、ライセンスを発行された上で合法的に運営されています。
これを日本の法律だけで裁くことは出来ませんし、日本の法律だけで、海外で合法的に運営されているオンラインカジノを罪に問うことは出来ません。
従って、違法であると立証することは難しく、プレイヤーだけを摘発したとしても、処罰することが出来ないと考えられています。

賭博罪というものは、賭博をすることが禁止されている賭博罪、そして賭博の場所を提供することを禁止する賭博場開帳図利罪というものがあります。
オンラインカジノは、胴元が海外にあるということもあり、この賭博罪が適用されません。
よってオンラインカジノで摘発されてしまっても、処罰することは難しいのです。

海外のマカオやシンガポールなどで日本人が遊んだとしても罪に問われないのと同様に、オンラインカジノは海外の業者が運営をしているので、日本の自宅からアクセスして遊んだとしても、罪に問うことが出来ないのです。

実際に逮捕・摘発された人はいるのか

実際に逮捕・摘発された人はいるのか

オンラインカジノは、違法でもなければ合法でもないのですが、違法であるという考え方ももちろんありますので、摘発の対象になるリスクは0ではありません。
現実として逮捕されたことがあるプレイヤーは実は存在しています。

その例として、2016年にオンラインカジノをやっていた日本人プレイヤーが摘発されるという事件がありましたが、その後不起訴処分で終わっています。
以前までは、略式起訴という形で、何人かの日本人が摘発されていたのですが、2016年に、初めて略式起訴を不服とするということで、裁判に持ち込む姿勢を見せました。
すると、一転して不起訴処分となり、そのまま終わっています。

オンラインカジノの違法性を立証することは、資金の流れやサーバーの所在地などを考えると非常に厳しいものです。
検察側も、違法性を立証することが困難であると判断したため、このような結果になったのでしょう。
また、一度不起訴処分という形で終わった事件を、再度新たに摘発することは考えにくいです。
前回の事件を覆すようなことをするとは考えにくいからです。

オンラインカジノのプレイヤーで、摘発された事件はありますが、実際に逮捕されてから処罰された例は一つもありませんので、自宅でプレイをしても問題ありません。

気をつけるべきオンラインカジノの例

気をつけるべきオンラインカジノの例

オンラインカジノはこのように国内で摘発されてしまう恐れは非常に少ないのですが、中でも例外があります。
それは日本国内にサーバーが置かれている、違法な国内のオンラインカジノの存在です。

あくまでもオンラインカジノは、海外の業者が運営をしているからこそ、見逃されている部分がありますので、国内で違法に運営されているカジノについては、すぐに摘発されていまう恐れがあります。
このような形態の場合完全に違法となりますので、こういったオンラインカジノにはくれぐれも手を出さないようにしましょう。

また、繁華街を中心に営業をしている、「インカジ」も摘発の対象となっています。
インターネットでオンラインカジノを提供しているという点で同じに見えますが、店内で賭博の場所を提供していることから、完全に違法です。
このようなインカジにも立ち入らないようにしましょう。

数多くの利点があるオンラインカジノ

オンラインカジノの勝ちやすさはどうなのか

オンラインカジノは、ギャンブルの中でも非常に勝ちやすいといわれています。
その理由にはいくつかの理由があります。

オンラインカジノの勝ちやすさはどうなのか

オンラインカジノは、ペイアウト率が非常に高いのが特徴です。
ペイアウト率とは、ギャンブルにおいて運営側がプレイヤーへと払い戻しをする割合のことをいいます。
つまり、ペイアウト率が高いということはそれだけ払い戻される割合が多く、勝ち金が多かったり、勝てる可能性が高いということになります。

ペイアウト率が高いギャンブルといえばオンラインカジノであり、他のギャンブルを圧倒しています。
つまり、それだけオンラインカジノが有利ということになります。

常に勝ちやすいというわけではない

このように、オンラインカジノはペイアウト率が高いギャンブルなのですが、勝ちやすさについては常に勝ちやすいということではないことを知っておきましょう。
たとえば、パチンコと比較すると、パチンコは台の釘の調整だったり、設定によっては、客側が有利になるタイミングもあります。

しかし、オンラインカジノのハウスエッジは常に一定で、けしてマイナスになることはありません。
したがって、このタイミングでプレイをすると、パチンコの方が勝ちやすいということもあります。

さらに、オンラインカジノは、ペイアウト率が97%というデータがありますが、これは個人のペイアウト率でないということも知っておきましょう。
負け続けてしまい、時にはペイアウト率が30%になってしまうプレイヤーも存在します。
しかし、全体的なペイアウト率を見て、97%になっているということになりますので、一概に個人が勝ちやすいかどうかは、運の要素もあります。

最終的には胴元が儲かる仕組みになっているので注意

最終的には胴元が儲かる仕組みになっているので注意

オンラインカジノは、他のギャンブルと比較すると勝ちやすいといわれていますが、妄信しすぎないようにすることが大切です。
オンラインカジノは、最終的には胴元が必ず儲かる仕組みになっていて、3~5%は運営側の儲けになります。
このため、長く遊び続ければ、当然のように、プレイヤーが最終的に少々お金を損してしまうことになります。

オンラインカジノはギャンブルであって、ボランティアではありません。
プレイヤーに多くのお金を払い戻してしまうと、赤字になってしまいます。
勝ちやすいからといって、全額をつぎ込んでしまったり、限度額を超えてまで使い込んでしまうことがないようにしましょう。

オンラインカジノは映像配信にも協力的

オンラインカジノは多くのユーザーに情報を見てもらいたいと考えています。
そこで動画配信等を検討している方に、許可さえ取れれば動画配信でオンラインカジノを遊んでもいいようにしています。

一部のオンラインカジノは、動画配信によってユーザーに名前を知ってもらい、オンラインカジノに登録を促しているのです。
こうした広告戦略等を考えるオンラインカジノは、よりネット環境が整備された現代では徐々に知名度を上げています。

動画配信でオンラインカジノを遊べる

オンラインカジノでは、動画配信等でゲームを遊ぶ映像を放送しないように忠告しています。
ただ、許可さえもらえればオンラインカジノで遊んでいる様子を動画配信してもいいとしています。
つまりオンラインカジノから許可さえもらえれば、いつでもオンラインカジノで遊んでいる様子を多くの人に紹介できるのです。

許可は日本語でももらえます。
英語で許可を取らなければならない問題はありませんから、オンラインカジノに日本語で相談すると許可の有無がすぐにわかるでしょう。
許可をもらえばYoutube等での配信が可能になり、動画配信で多くのユーザーにオンラインカジノについて知ってもらえる状況を作れます。
同時に高配当を得られるようになれば、多くのユーザーに閲覧され、同時にオンラインカジノへの登録を促せる可能性もあります。

動画配信によってアフィリエイト収入などをしっかり得たいと思っている方、そしてオンラインカジノで二次収入等を期待している方には、オンラインカジノを動画配信によって見てもらい、ユーザーに登録を促すという方法も使えます。

オンラインカジノの様子は多くの人に見られている

オンラインカジノの様子は多くの人に見られている

日本人でもオンラインカジノで遊んでいる様子を見てくれる人がいます。
オンラインカジノというのは、確かにギャンブルというイメージが強くなっていますが、ゲームで遊んでいる様子を見ているだけでも楽しいと感じてくれる人はいます。
話術等で面白い動画配信にすると、オンラインカジノへ登録してくれるユーザーがいるかもしれません。

オンラインカジノとしても、動画配信等でサービスの照会を行ってくれる、用意しているゲームについて知ってもらえるなどのメリットがあれば、日本人がオンラインカジノへ登録する可能性もあるのです。
こうした期待感を持っているオンラインカジノが多いために、最近では動画配信について積極的に許可を出しており、日本人もオンラインカジノの様子を放送できるのです。

形態で異なるオンラインカジノの違法性

合法ではないけれど賭博罪にもならない

合法ではないけれど賭博罪にもならない

オンラインカジノは違法なのか、合法なのか、そのどちらか二択で絶対に選ばないといけないとなった場合、オンラインカジノの利用は違法と言わざるをえません。
その理由は合法なギャンブルではないからです。

日本で合法となっているギャンブルは競馬、競艇、競輪、オートレースの4つだけです。その他のギャンブルは全て違法ギャンブルとして一括りにされてしまいます。
究極の二択で言えばオンラインカジノは違法ですが、だからといって利用しただけで逮捕されることはありません。
よく考えてみて下さい。パチンコやパチスロも合法ギャンブルに含まれていませんが、逮捕者が出たことはありません。
何故ならば違法なギャンブルに対して取締りを行う賭博罪に触れないように運営されているからです。

オンラインカジノもパチンコやパチスロの場合とよく似ています。賭博罪に触れる部分がないため、利用したからといっても、賭博罪として裁かれることがありません。
賭博罪は開帳者に重点を置いたものであり、賭博罪として裁くには利用する側だけでなく、場を提供する開帳者も同時にその場に存在していなければなりません。
利用者だけを逮捕しても賭博罪としては成立しないのが現状です。

オンラインカジノは開帳者は海外にあり、開帳場所も海外のサーバーです。これはカジノが合法な国に海外旅行に行き、カジノゲームを楽しむことと同じです。
こうして違法なギャンブルを取り締まる賭博罪に触れる部分がないため、利用したからといって逮捕されるようなことはありません

日本にサーバーがある場合は完全に違法

オンラインカジノは賭博罪に触れないから大丈夫と、軽い気持ちでプレイするのは止めましょう。
インターネットを利用したサービスは顔が見えないため、不正目的で開かれているオンラインカジノも少なくはありません。
そして、その中には日本にサーバーを置く悪質なオンラインカジノも存在します。

日本にサーバーが置かれているということは、開帳者と利用者が同時に存在することとなり賭博罪として裁かれます。
数百円程度の少額でも賭けてしまったらその時点で賭博罪に触れますし、もちろんですが、日本にサーバーがあるとは知らなかったとしても罪から逃れることは出来ません。

日本にサーバーがある場合は完全に違法

正式なオンラインカジノは必ずサイトのトップページ上にどこの国のどんな会社がどのような国のライセンスを受けて運営しているかが表示されています。
運営元が表示されていないオンラインカジノは、その時点で悪質なオンラインカジノと判断してもよいでしょう。
特に運営元が表示されていなく、サイトが日本語で構成されている場合は、日本にサーバーを置く悪質なオンラインカジノである可能性が高いので、プレイすることは当たり前ですが、ちょっと覗く程度のことも止めておきましょう。

オンラインカジノに罪はない

カジノカフェの摘発は2006年がピークでしたが、それでもまだ現在もカジノカフェ摘発のニュースを耳にします。
カジノカフェの摘発が相次ぐにつれ、オンラインカジノ自体が違法なサービスと考えられるようになっていきました。
摘発された違法ギャンブルに使われていたカジノゲームですから、そう考えられても不思議ではありません。

オンラインカジノははっきりと安全なサービスとは言い切れませんが、違法なギャンブルではありません。
なぜ違法ではないと言えるのかというと、上でも述べた通り賭博法の条件に当てはまらないからです。
賭博法が働くにはいくつかの条件が必要となります。その条件の一つが、胴元と賭ける側が同じ場についているというものです。

オンラインカジノは賭ける側は日本国内にいても胴元であるカジノ会社は海外にありますので、この条件にあてはまりません。
そして、賭博罪は基本胴元を取り締まるための法律です。ところが、オンラインカジノは海外の政府から認可を受け運営している健全なサービスなので、どの角度から見ても取り締まることなどできません。
オンラインカジノは国に合法ギャンブルとは認められてはいないものの、違法ギャンブルを取り締まる賭博法に触れる部分はまったくないため、摘発が続くカジノカフェで利用されていたからといっても、オンラインカジノに罪があるというわけではありません。

カジノカフェが摘発される問題の部分

カジノカフェが摘発される問題の部分

オンラインカジノは違法ではないのに、カジノカフェが摘発される理由はどこにあるのでしょうか。
違法性のないギャンブルであるオンラインカジノを用いているのに、なぜ摘発されるのかというと、それはカジノカフェが胴元になっているからです。

カジノカフェが胴元になるということは、国内で賭博行為を行ったことになり賭博罪が着せられます。
なぜカジノカフェが胴元になるのかいうと、カジノカフェ店内で現金のやりとりが行われるからです。
カジノカフェの客は店側からオンラインカジノで利用するための資金を1ポイント単位で購入し、利益が出た場合もそのポイント単位で現金が支払われます。
これはつまり、使用しているのはオンラインカジノでも、カジノカフェ側が賭場を開帳し、客にお金を賭けさせたことになります。

過去には巨額な利益を得ていた有名カジノカフェに対し、1億円を超える追徴金が発生した事件もあります。
その場にちょうど居合わせた客に対しても、お金を賭けていたことが発覚した場合、単純賭博罪または常習賭博罪となり、常習賭博罪となった場合には懲役もありえます。
オンラインカジノが好きでも、カジノカフェで利用した場合罪となりますので、オンラインカジノは個人での楽しみとして利用しましょう。

勝ちやすさには自信がある

勝ちやすいギャンブルで勝つ為に

勝ちやすいギャンブルで勝つ為に

オンラインカジノは勝ちやすく稼ぎやすいギャンブルとして日々世界中のプレイヤーがプレイしています。
もちろんそうしたプレイヤーの中には日本人も多くいます。
日本ではカジノは禁止されていますが、オンラインカジノの場合は賭博罪にあたらないため、パチンコ、パチスロのように日本国内にいてもお金を賭けて楽しむことが出来ます。

オンラインカジノの勝ちやすさ

オンラインカジノをやってみる上で、勝ちやすいのかどうかという点は大変気になるものです。
オンラインカジノのペイアウト率は97%以上と、他のギャンブルと比較してもペイアウト率の高さには定評があります

オンラインカジノは、店舗を持たないので、それだけ人件費もかからず、豪華な設備も必要がありません。つまりそれだけ、高いペイアウト率を達成することが出来るのです。

実際日本で販売されている宝くじの場合40%前後のペイアウト率となっているので、宝くじを買うよりも断然オンラインカジノの方が配当を得やすくなります。
それは宝くじだけに留まらず、パチンコや競馬などの場合も同じです。パチンコで80%程度、競馬で70%程度となっているので、ギャンブルと名の付くものの中でもオンラインカジノがどれだけ勝ちやすいかがわかるでしょう。

ハウスエッジが低いオンラインカジノ

オンラインカジノは、さらにハウスエッジも低く設定されています。
オンラインカジノは、控除率と呼ばれる、胴元の儲け分が少なく設定されています。このハウスエッジが、3~5%となっています。
パチンコのハウスエッジは、10~15%となっていますので、オンラインカジノは控除率が低くなっています。

しかし、こちらの控除率は、ゲームの種類にもよりますし、マイナスになることはありません。
しかし、パチンコの場合、時には、マイナスになり、客側に有利になることがあります。この部分で違いがあります。

手軽な金額から始められる

手軽な金額から始められる

ですが、カジノというと賭け金が大きいという印象もあるでしょう。
オンラインカジノはカジノと名が付いていても1円程度からゲームをプレイすることが出来ます。
スロットマシーンは1セントからテーブルゲームですと1ドルからベット出来るので、手持ちの資金が千円しかなくてもゲームを行うことが出来ます。
そのためギャンブルに触れた経験がほとんどない方でも不安を感じることなくギャンブルの良さを体感することが出来ます。

オンラインカジノで大儲けできる理由

オンラインカジノで大儲けできる理由

そしてオンラインカジノはただ勝ちやすいだけではありません。
オンラインカジノにはジャックポットと呼ばれる大当たりがあります。
このジャックポットこそがオンラインカジノの魅力だというプレイヤーも多くいます。

ジャックポットは基本的にスロットゲームに搭載されているシステムで、ジャックポットを引くと積み立てられてきた配当金の一部が一度に放出されます。
その金額は大きいものとなるとなんと数十億円にもなります。
過去には日本人プレイヤーが数億円のジャックポットを引いた例があります。

ジャックポットの金額もオンラインカジノによりそれぞれで、数十万円、数百万円程度のものもあります。
金額が少なくなればそれだけジャックポットも引きやすくなるので、数十万円、数百万円程度のジャックポットは頻繁に引き当てられています。
このジャックポットはオンラインカジノ側が設定した条件により発動するので、経験の有り無しに関係なく誰にでも平等にチャンスが巡ってきます。

このようにオンラインカジノには一発逆転の大チャンスを引けるチャンスもありますので、ギャンブルで大きく勝ちたいと思っている方にも打って付けのギャンブルです。

オンラインカジノの気になるキャッシュフロー

パチンコやスロットと比較すると、オンラインカジノは、キャッシュフローが非常に遅くなっています。

パチンコの場合、景品を交換所へと持って行くだけで即現金化をすることが出来ます。
しかし、オンラインカジノの場合、出金申請をしてから、実際に振り込まれるまでにワンクッションかかることがほとんどで、その手続きなどもパチンコと比較するとかなり面倒になります。
また、トラブルの際には、サポートに英語で問い合わせなければならず、それも非常に面倒です。

せっかくボーナスがあったとしても、入金されるまでプレイが出来ないオンラインカジノもあり、ストレスが溜まることもあります。

最近では、手間がかからなくなった

最近では、オンラインカジノで、入出金手段である、電子決済サービスが利用できるようになりましたが、それでもパチンコなどと比較すると手間がかかります。
つまり、他のギャンブルと比較すると手数料やキャッシュフローも含めると、まだまだな部分があります。

これらのデメリットをまずは知っておかなければ、たとえ始めたとしても、払い戻しの現金化にストレスを感じてしまったりすることになるのです。

オンラインカジノの尽きない魅力

大興奮のオンラインカジノ

一度、ハマるともう病み付きになること間違いなしのオンラインカジノ。
どうしてここまでハマってしまうのでしょうか?

稼げる。
熱くなれる。
そして、時間が経つもの忘れてしまう。

そんなことばかりの体験ができるのですから、もはやオンラインゲームの領域を遥かに凌駕しているのかもしれません。

熱しやすいカジノ

カジノの経験者でも熱くなれる

カジノと言うと、アメリカのラフベスガスやヨーロッパののモナコ等、色々な国で楽しむことができます。
残念ながら日本だと本場のカジノを楽しむことができません。
せいぜい、ゲームセンターで”カジノもどき”を味わう程度。

日本で認められているギャンブルと言うと、競馬や競輪、競艇くらいなもの。
パチンコだって、本来はダメなのです。
勝った景品は別の換金所で現金に変える3店方式を取っているので、ギャンブルめいた感じがありますが、純粋なギャンブルは国内では数少ないのです。

でも、本場のカジノでプレイした経験を持っている人は、あのキラキラしたカジノの空気に触れただけで、もう気持ちは天国への階段を昇り詰めた感じがするはずです。
そして、勝ってガッツリと配当金を手にした時の感動はわすれることができません。
そんな体験を自宅でも、外でも体験できるのが、オンラインカジノなのです。
そう、インターネットに繋がっている環境でがあれば、何時でも何処でもカジノを楽しめるのてす。

臨場感溢れるオンラインカジノ

臨場感溢れるオンラインカジノ

オンラインなので、パソコンやスマホでプレイできるのが、オンラインカジノです。
「何だ。単なるネットゲームじゃん。」
と、小馬鹿にしている人は兎やともかくやってみて下さい。
高画質のCGと高い音質のサウンドがあたかも、その場でプレイしている錯覚に陥るのですから、クォリティーの高さに驚きを隠せません。

しかも、クレジットを賭けて、勝ったなら、配当金を手にすることができるのです。

国内でのカジノは違法では?

そう、国内でカジノは違法です。
でも、海外でプレイしても捕まることはありませんよね。
これは、海外では法的に認められていることやもありますし、もし国内で敵初されるとしたなら、プレイしている人と、カジノの運営者(胴元)が同時に捕まらないと賭博罪になりません。
しかし、オンラインカジノの運営者は海外にあるので、摘発される心配がないのです。
海外に行って、プレイしていることと同じなのです。

但し、注意しなければならないことは、オンラインカジノのサーバーが国外に設置されていることから条件なので、オンラインカジノを主催者の情報をリサーチしておく事だけは必要です。

高いペイアウト率

本場カジノに負けないくらいのペイアウト率

カジノの魅力は稼げる確率が高いことも挙げられます。
その指標となるのが、ペイアウト率てす。
ペイアウト率とは、掛け金総額に対する配当金総額の率です。
この率がカジノでは90%~95%と高いペイアウト率を誇っています。

どれだけすごいことかと言えば、宝くじは50%程度。
競馬や競輪だと75%くらいなので、プレイヤーが稼げる確立がとても高いのです。
この率はオンラインカジノでも同様なのです。
ただギャンブルなので、勝つ人、負ける人がいるのも事実。
そのためにオンラインカジノで現実に稼ぐか、スリリングを楽しむかは、プレイヤー次第なのです。

オンラインカジノでは、どんなゲームがある?

スロット

・スロット

スロットマシンはカジノの定番とも言えるゲーム。
日本のスロットとは異なり、勝手にラインを決めて止まってくれます。
ジャックポットと呼ばれる”大当り”にヒット下なら、天文学的な配当金がもらえるので、一発狙いの人には、おすすめのギャンブルです。
しかし、スピート展開が速いので、あっと合う間にコインを無くしてしまうこともよくあります。

ルーレット

・ルーレット

ルーレットは、コツコツと高い確率で稼ぐこともできれば、高い配当金も狙えるゲームです。ボールがポケットに入るまで、じっくりと待っている緊張感も醍醐味です。

ブラックジャック

・カードゲーム

いわゆるトランプゲームです。
トランプゲームと言っても、カジノでは、ポーカー、ブラックシャック、バカラが有名ですね、
バカラはディーラーが配るカードの合計が9 になるか超えるかが、勝負の分かれ目。
ブラック・ジャックはカードの合計が21になるかどうか。
くばられたカードで合計数字が不足しているなら、ディーラーから追加のカードをもらえます、
しかし、欲ばって追加し過ぎると、合計数字が21を超えてしまい、失格。、とてもシンプルなルールのカードゲームですが、ディーラーとの駆け引きは、とてもドキドキと高揚感がハンパではありません。
ブラック・ジャックは、倍率が高くないので、時間をかけて長く楽しめるゲームですが、バカラは、とてもシンプルなルールの反面、大きな掛け金が動くことがあります。

このようにオンラインカジノは、シンプルなゲームばかりですが、ギャンブルでひと稼ぎできるので、ネットゲームとは言いながら、とても熱くなれるのです。

ブラックジャックの多彩な仕様について

変則ルールのブラックジャックで大儲け

変則ブラックジャック

普通のブラックジャックとは異なり、ジャックポット形式を採用しているものもあります。プログレッシブブラックジャックは、ジャックポットを得られる貴重な存在で、多くのプレイヤーが挑戦している金額を受け取れる可能性があります。しかしその為には一部の条件が必要であることと、相当低い確率をクリアすることになります。

Aを4回全て揃えることが条件になる

ブラックジャックは、全てのカードを配布することになりますが、多くのプレイヤーが一緒に行う場合、同じマークのカードが配布されてきます。ブラックジャックを一般のカジノで行っている場合、マークが同じものは出てこないので、オンラインカジノ独自のルールと考えていいです。
プログレッシブブラックジャックは、Aを4回全て揃えることで、高額な配当が得られる方針を取っています。ジャックポットにはマークまで揃える必要があり、同じカードが4枚揃えられている状態だとジャックポットになります。この確率は相当低くなっていて、ほぼ出てこないのでジャックポット扱いになったのです。
それ以外にも、1枚目から3枚目まで同じマークのAが揃っていれば5000ドル、マークが違うもののAが4枚あると2500ドルなど、小さい配当もそれなりに揃っています。1枚目のカードがAだけでも5ドル獲得できるので、ただAが出てくるだけでも儲かる可能性のあるブラックジャックです。

ジャックポットを受け取る際は注意が必要

このブラックジャックには注意が1つだけあり、ジャックポットを得るためには1ドルを支払うことになります。専用の投入口が用意されていて、ここに入れてないとジャックポットを得る資格がありません。他のゲームは支払いがないので、スロットなら的中した時点で全て受け取れますが、ブラックジャックは先に1ドルを出さなければならないのです。
手数料として考えればわかりやすいですが、手数料を入れないままゲームを進めて、ジャックポットのA4枚が出てきたとしても、入れなかったので5000ドル扱いにされることもあります。これは非常に痛いことと考えていいです。
ジャックポットをもらいたい場合、先に1ドルを入れておくようにしてください。この1ドルの違いで、5000ドルしか貰えない場合と、10万ドル近い金額が一括で受け取れる違いになります。投入口には、常に1ドルを入れておく癖をつけていれば問題はなく、失敗することが無くなります。

ポーカーのようなブラックジャックも

ポーカーに似たBJ

ポーカーのルールは、もらったカードに役を付けることにより、勝負をするものとなります。最高でロイヤルストレートフラッシュという役が用意されているので、多くの方はこの役を狙っているはずです。ブラックジャックでも、ダブルで行うスイッチ形式を採用する場合、ポーカーの役のようなルールを使うことができます。

スイッチは2つの組を使って遊ぶブラックジャック

オンラインカジノでも一部のみ採用されている形式で、2つの組をもらうことができます。この2つの組を見て、スイッチすることが可能となります。このカードとこのカードを入れ替えて、21を作り出すという方法が使えます。21を簡単に作りたいと思っている場合や、ブラックジャックでも勝ちやすい方法を取れるなど、メリットが比較的大きなタイプとなっています。
スイッチにはルールがあります。ヒットしてカードを貰ってしまう場合、その時点で入れ替えができなくなります。カードをもらう前に、このカードと入れ替えるという考えを持っていないと、使うことができなくなり負けてしまいます。スイッチを利用する場合は、どのタイミングで入れ替えをするのが望ましいか、しっかり考える必要があります。

カードが揃っているとボーナスあり

2つの組をもらっていることで、同じカードが存在することもあります。数字が同じ場合は、これに応じてボーナスを得られます。ポーカーのルールと似ているのは、実際にポーカーで使われている役ができるからです。
ワンペアは、4枚で1つのペアが揃っている状態となります。この場合は1倍のボーナスとなり、賭け金が返ってくる仕組みです。次に小さいのがスリーカードで、同じ数字のカードが3枚揃っていることで、5倍のボーナスを受けられます。
ツーペアは、ペアが2つ揃っている状態で、珍しい状況となります。8倍のボーナスを受けることができるので、配当金とすれば結構大きなものになります。これを超えるのがフォーカードで、全ての数字が同じものになっている場合、40倍のボーナスが受けられます。
ボーナスが40倍というのは、相当な金額になりますし、これまでの負けを取り戻しやすくなります。スイッチするブラックジャックは、負けやすい状況を作るだけでなく、実は勝ちやすい状況を作りやすいメリットを持っていて、最近は利用される傾向が出ています。導入しているオンラインカジノでは、結構使いやすく、楽しめるブラックジャックです。