「オンラインカジノゲーム」カテゴリーアーカイブ

サシの勝負が楽しめるブラックジャック

オンラインカジノのブラックジャックとは?

オンラインカジノのブラックジャックとは?

オンラインカジノのブラック・ジャックは、オンラインカジノのゲーム類の中でも最も人気があると言われています。
テーブルゲームの一つであり、海外ではブラック・ジャックのテーブルは常に満席となっていることも多いです。

なぜそれほどまで人気なのかと言うと、その理由はカジノゲーム屈指の低ハウスエッジだからです。
他のゲームはほとんどの場合運次第になっていて、運が悪ければ負けてしまうことがあります。
しかし、ブラック・ジャックは技術やスキルが入り込む余地がありますので、非常に勝ちやすいゲームです。
上手い人と下手な人で差が分かれますので、技術を磨くことで安定して勝ちを狙えるゲームとなっています。

実際にオンラインカジノでは、ブラック・ジャックのプロフェッショナルなプレイヤーも存在しているほどに攻略要素が高く、安定して勝ちにいきたいならおすすめのゲームです。

そこでブラック・ジャックの特徴とその魅力について具体的にみていきましょう。

ブラック・ジャックの基本ルールと遊び方

ブラック・ジャック(Blackjack)はトランプを使ったゲームの一種です。
配られたカードの合計値について、自分とディーラーのどちらが21に近くなるかを競いあい、予測してベットするゲームとなっています。
特にカードの合計値が21ぴったりになった場合には、「ブラックジャック」と言います。

他のゲームとは違い、ディーラーと1対1で対決する構図のタイマン勝負が特徴となっています。
ブラックジャックは特にタイマンで熱い勝負を楽しみたい方に向いているゲームであり、更にはプレイヤーのスキルが特に問われやすいゲームなのでやりごたえがあり、うまくなればそれだけ成果を上げやすくなっています。

ゲームの流れとしては、まず最初にプレイヤーとディーラーの両方に2枚ずつカードが配られることになります。
その後は必要に応じて、カードを引くかどうかを決定していきます。
たとえば「ヒット」はもう一枚、そして「スタンド」は止め、倍賭けしてもう一枚引くという「ダブル」やスプリットといってカードを分けるという方法を駆使しながら、21に近い数字を作っていくことになります。

しかし、合計値が21を超えてしまうとバーストとなり、自動的に負けが決定してしまいます。
その為、21を超えないように気を付けながらより近い数字を作ったほうが勝ちとなります。

また、ブラック・ジャックの特徴として、プレイヤーにはさまざまな選択肢がありますが、ディーラーには一切の選択肢がありません。
ディーラーのカードは一定のルールがありますので、それに沿って配られることになります。
これらの点で、バカラとは大きく異なっています。

ブラック・ジャックのカードの数え方

ブラック・ジャックのカードの数え方

オンラインカジノのブラック・ジャックのカードの数え方ですが、エースについては1もしくは11と数えることになります。
そして2~9の数字カードはそのままの数字で数えます。
10とその他の絵柄のカードについては、全てテンカードといって10として数えることになります。

ブラック・ジャックの基本的な流れについて

オンラインカジノのゲームの基本的な流れを知っておきましょう。

まずはプレイヤーが賭けたい金額をベットしします。
カードの配り方は、プレイヤー側は2枚ともカードがオープンされている状態で、ディーラーの方は、カードが1枚伏せられている状態になっています。
プレイヤーはディーラーのこの伏せられたカードを予測して、スタンド、そしてヒット、ダブルなどアクションを決めることになります。

この結果、21を超えてしまった場合には、プレイヤーは負けとなってしまいます。
超えなかった場合には、ディーラーのカードがオープンされることになり、一定のルールに従って、続いてカード配られていくことになります。
プレイヤーはカードを引くか引かないかを決定することが出来るのですが、ディーラーには決定権がなく、カードが17を超えるまではカードが配られることになります。
つまり、ディーラーは17~21もしくはバーストというカードになるということが決定しています。

ブラック・ジャックのカードのアクション

ブラック・ジャックのカードのアクション

先程の「ヒット」、「スタンド」、「ダブル」などはもちろんですが、その他にもいくつかアクションがあります。

最初に配られた2枚のカードが同じならそれを2つに分ける「スプリット」、また降参をすることができる「サレンダー」もあれば、インシュアランスといって、ディーラーのカードがエースだった時に、保険としてベット額の半分を差し出すアクションもあります。
インシュランスを選択した場合、ブラック・ジャックだった場合には、ベット金額とインシュアランスの金額が返ってきますが、そうでなければ没収されることになります。

ブラック・ジャックはこのように、さまざまなアクションがありますが、10が最も出やすいということを考慮してアクションを起こすことがコツです。

数多くの利点があるオンラインカジノ

オンラインカジノの勝ちやすさはどうなのか

オンラインカジノは、ギャンブルの中でも非常に勝ちやすいといわれています。
その理由にはいくつかの理由があります。

オンラインカジノの勝ちやすさはどうなのか

オンラインカジノは、ペイアウト率が非常に高いのが特徴です。
ペイアウト率とは、ギャンブルにおいて運営側がプレイヤーへと払い戻しをする割合のことをいいます。
つまり、ペイアウト率が高いということはそれだけ払い戻される割合が多く、勝ち金が多かったり、勝てる可能性が高いということになります。

ペイアウト率が高いギャンブルといえばオンラインカジノであり、他のギャンブルを圧倒しています。
つまり、それだけオンラインカジノが有利ということになります。

常に勝ちやすいというわけではない

このように、オンラインカジノはペイアウト率が高いギャンブルなのですが、勝ちやすさについては常に勝ちやすいということではないことを知っておきましょう。
たとえば、パチンコと比較すると、パチンコは台の釘の調整だったり、設定によっては、客側が有利になるタイミングもあります。

しかし、オンラインカジノのハウスエッジは常に一定で、けしてマイナスになることはありません。
したがって、このタイミングでプレイをすると、パチンコの方が勝ちやすいということもあります。

さらに、オンラインカジノは、ペイアウト率が97%というデータがありますが、これは個人のペイアウト率でないということも知っておきましょう。
負け続けてしまい、時にはペイアウト率が30%になってしまうプレイヤーも存在します。
しかし、全体的なペイアウト率を見て、97%になっているということになりますので、一概に個人が勝ちやすいかどうかは、運の要素もあります。

最終的には胴元が儲かる仕組みになっているので注意

最終的には胴元が儲かる仕組みになっているので注意

オンラインカジノは、他のギャンブルと比較すると勝ちやすいといわれていますが、妄信しすぎないようにすることが大切です。
オンラインカジノは、最終的には胴元が必ず儲かる仕組みになっていて、3~5%は運営側の儲けになります。
このため、長く遊び続ければ、当然のように、プレイヤーが最終的に少々お金を損してしまうことになります。

オンラインカジノはギャンブルであって、ボランティアではありません。
プレイヤーに多くのお金を払い戻してしまうと、赤字になってしまいます。
勝ちやすいからといって、全額をつぎ込んでしまったり、限度額を超えてまで使い込んでしまうことがないようにしましょう。

オンラインカジノは映像配信にも協力的

オンラインカジノは多くのユーザーに情報を見てもらいたいと考えています。
そこで動画配信等を検討している方に、許可さえ取れれば動画配信でオンラインカジノを遊んでもいいようにしています。

一部のオンラインカジノは、動画配信によってユーザーに名前を知ってもらい、オンラインカジノに登録を促しているのです。
こうした広告戦略等を考えるオンラインカジノは、よりネット環境が整備された現代では徐々に知名度を上げています。

動画配信でオンラインカジノを遊べる

オンラインカジノでは、動画配信等でゲームを遊ぶ映像を放送しないように忠告しています。
ただ、許可さえもらえればオンラインカジノで遊んでいる様子を動画配信してもいいとしています。
つまりオンラインカジノから許可さえもらえれば、いつでもオンラインカジノで遊んでいる様子を多くの人に紹介できるのです。

許可は日本語でももらえます。
英語で許可を取らなければならない問題はありませんから、オンラインカジノに日本語で相談すると許可の有無がすぐにわかるでしょう。
許可をもらえばYoutube等での配信が可能になり、動画配信で多くのユーザーにオンラインカジノについて知ってもらえる状況を作れます。
同時に高配当を得られるようになれば、多くのユーザーに閲覧され、同時にオンラインカジノへの登録を促せる可能性もあります。

動画配信によってアフィリエイト収入などをしっかり得たいと思っている方、そしてオンラインカジノで二次収入等を期待している方には、オンラインカジノを動画配信によって見てもらい、ユーザーに登録を促すという方法も使えます。

オンラインカジノの様子は多くの人に見られている

オンラインカジノの様子は多くの人に見られている

日本人でもオンラインカジノで遊んでいる様子を見てくれる人がいます。
オンラインカジノというのは、確かにギャンブルというイメージが強くなっていますが、ゲームで遊んでいる様子を見ているだけでも楽しいと感じてくれる人はいます。
話術等で面白い動画配信にすると、オンラインカジノへ登録してくれるユーザーがいるかもしれません。

オンラインカジノとしても、動画配信等でサービスの照会を行ってくれる、用意しているゲームについて知ってもらえるなどのメリットがあれば、日本人がオンラインカジノへ登録する可能性もあるのです。
こうした期待感を持っているオンラインカジノが多いために、最近では動画配信について積極的に許可を出しており、日本人もオンラインカジノの様子を放送できるのです。

ブラックジャックの多彩な仕様について

変則ルールのブラックジャックで大儲け

変則ブラックジャック

普通のブラックジャックとは異なり、ジャックポット形式を採用しているものもあります。プログレッシブブラックジャックは、ジャックポットを得られる貴重な存在で、多くのプレイヤーが挑戦している金額を受け取れる可能性があります。しかしその為には一部の条件が必要であることと、相当低い確率をクリアすることになります。

Aを4回全て揃えることが条件になる

ブラックジャックは、全てのカードを配布することになりますが、多くのプレイヤーが一緒に行う場合、同じマークのカードが配布されてきます。ブラックジャックを一般のカジノで行っている場合、マークが同じものは出てこないので、オンラインカジノ独自のルールと考えていいです。
プログレッシブブラックジャックは、Aを4回全て揃えることで、高額な配当が得られる方針を取っています。ジャックポットにはマークまで揃える必要があり、同じカードが4枚揃えられている状態だとジャックポットになります。この確率は相当低くなっていて、ほぼ出てこないのでジャックポット扱いになったのです。
それ以外にも、1枚目から3枚目まで同じマークのAが揃っていれば5000ドル、マークが違うもののAが4枚あると2500ドルなど、小さい配当もそれなりに揃っています。1枚目のカードがAだけでも5ドル獲得できるので、ただAが出てくるだけでも儲かる可能性のあるブラックジャックです。

ジャックポットを受け取る際は注意が必要

このブラックジャックには注意が1つだけあり、ジャックポットを得るためには1ドルを支払うことになります。専用の投入口が用意されていて、ここに入れてないとジャックポットを得る資格がありません。他のゲームは支払いがないので、スロットなら的中した時点で全て受け取れますが、ブラックジャックは先に1ドルを出さなければならないのです。
手数料として考えればわかりやすいですが、手数料を入れないままゲームを進めて、ジャックポットのA4枚が出てきたとしても、入れなかったので5000ドル扱いにされることもあります。これは非常に痛いことと考えていいです。
ジャックポットをもらいたい場合、先に1ドルを入れておくようにしてください。この1ドルの違いで、5000ドルしか貰えない場合と、10万ドル近い金額が一括で受け取れる違いになります。投入口には、常に1ドルを入れておく癖をつけていれば問題はなく、失敗することが無くなります。

ポーカーのようなブラックジャックも

ポーカーに似たBJ

ポーカーのルールは、もらったカードに役を付けることにより、勝負をするものとなります。最高でロイヤルストレートフラッシュという役が用意されているので、多くの方はこの役を狙っているはずです。ブラックジャックでも、ダブルで行うスイッチ形式を採用する場合、ポーカーの役のようなルールを使うことができます。

スイッチは2つの組を使って遊ぶブラックジャック

オンラインカジノでも一部のみ採用されている形式で、2つの組をもらうことができます。この2つの組を見て、スイッチすることが可能となります。このカードとこのカードを入れ替えて、21を作り出すという方法が使えます。21を簡単に作りたいと思っている場合や、ブラックジャックでも勝ちやすい方法を取れるなど、メリットが比較的大きなタイプとなっています。
スイッチにはルールがあります。ヒットしてカードを貰ってしまう場合、その時点で入れ替えができなくなります。カードをもらう前に、このカードと入れ替えるという考えを持っていないと、使うことができなくなり負けてしまいます。スイッチを利用する場合は、どのタイミングで入れ替えをするのが望ましいか、しっかり考える必要があります。

カードが揃っているとボーナスあり

2つの組をもらっていることで、同じカードが存在することもあります。数字が同じ場合は、これに応じてボーナスを得られます。ポーカーのルールと似ているのは、実際にポーカーで使われている役ができるからです。
ワンペアは、4枚で1つのペアが揃っている状態となります。この場合は1倍のボーナスとなり、賭け金が返ってくる仕組みです。次に小さいのがスリーカードで、同じ数字のカードが3枚揃っていることで、5倍のボーナスを受けられます。
ツーペアは、ペアが2つ揃っている状態で、珍しい状況となります。8倍のボーナスを受けることができるので、配当金とすれば結構大きなものになります。これを超えるのがフォーカードで、全ての数字が同じものになっている場合、40倍のボーナスが受けられます。
ボーナスが40倍というのは、相当な金額になりますし、これまでの負けを取り戻しやすくなります。スイッチするブラックジャックは、負けやすい状況を作るだけでなく、実は勝ちやすい状況を作りやすいメリットを持っていて、最近は利用される傾向が出ています。導入しているオンラインカジノでは、結構使いやすく、楽しめるブラックジャックです。